【映画】ランペイジ 巨獣大乱闘(Rampage)あらすじと感想。意外と評価が高いです。

1986年にリリースされたミッドウェイゲームズのアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースにして、2018年にワーナー・ブラザースは「ランペイジ 巨獣大乱闘」映画をリリースしました。軽い気持ちでサクッと見ましょう。私の評価は7とさせてもらいました。

主な登場人物

デイビス・オコイエ

霊長類学者、ジョージの親友

ケイト・コールドウェル博士

エナジー社の元遺伝子研究者

クレア・ワイデン

企業エナジー社の遺伝子変化担当者

ハーベイ・ラッセル

OGAのアージェント

【映画】ランペイジ 巨獣大乱闘(Rampage)のあらすじ

企業エナジー社はアフィナ宇宙ステーションで遺伝子変更の実験を行っていた。実験台になっていたネズミに予想外な変化が起こる。ネズミは化け物になって大暴れして、宇宙ステーションを爆発させてしまう。生き残った一人の博士が非常用カプセルに遺伝子サンプルと共に乗って、地球に戻ろうとするが、カプセルは爆発してしまう。カプセルのかけらは地球に落ちる。

下落した遺伝子サンプルの影響を受けたワニ、狼と動物保護地区に保護されていたアルビノスゴリラのジョージは巨大化し、暴れだす。動物保護地区に保護の霊長類学者のデイビスはジョージと親友であり、ジョージを助けたいけど、怒鳴っているのか分からず。そこで、エナジー社の元遺伝子研究者だったケイトが登場して事情を説明する。ジョージがどんどん巨大化して暴れ出したため政府機関に捕まり、2人も拘束されてしまう。

エナジー社のワイデン姉弟は遺伝子のサンプルを回収するためワイオミングの森に民間軍事会社のバークたちを行かせる。しかし、バークたちは狼に襲われ、一人も生き残らず。遺伝子回収を諦めないエナジー社のワイデン姉弟は動物をシカゴ市に呼び出そうとする。動物たちはシカゴに来た時点でアメリカ軍に全滅されて、ワイデン姉弟は遺伝子サンプルを取る作戦で低周波を流しだす。

低周波を察知したジョージは輸送機の中で暴れ出し、輸送機は墜落する。しかし、デイビスは政府の捜査官ラッセルを助け出し、ケイトと共に脱出に成功して、アメリカ軍と合流します。動物たちは町に近づいてくる。しかし、軍の力だけじゃ足りません。

デイビスとケイトはエナジー社に保管されている解毒剤を取りに行く。解毒剤を手に入れようとしますが、ワイデン姉弟はデイビスとケイトに邪魔をする。結局、ワイデン姉弟に解毒剤を取り上げられる。しかし、動物の暴れでエナジー社のビルドが倒れだし、ジョージはワイデン・クレアを食ってしまう。その後、ジョージは意識を取りもします。ジョージはデイビスと共に狼とワニと戦って勝利する。

感想

海外の人のレビューによると「すごく面白かった!」と言う人と「まぁまぁーって感じ」と言う人は大体半々です。

確かに、ストーリーは超真っすぐですね。何が起こるかすぐに分かってしまう。

しかし、暴走感たっぷりですよ(^^)v。十分楽しめると思います。

動物たちが町に暴れまくって、建物を壊す。テンションは高い!あんだけ銃で撃たれた倒れない化け物って恐ろしかったですよ。私の評価は4です。この映画をお勧めできますが、内容が深いを映画を見たいならやめた方がいいかもしれません。軽い気持ちで見たいときに楽しんでくださいませ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here