マーベル映画【アントマン】シリーズの第二作目【アントマン&ワイプ】のあらすじ・後半ネタばれと感想です。今回もお付き合いくださいね。今回はアントマンの開発者ピム博士が妻を量子世界から取り戻そうとします。新たな敵「ゴースト」も登場します。娘はあり男とそのまま言ってました(笑)小さくなる所と最後消えるところが面白かったそうです・・。それだけ~~?1作目より面白いこのえいが、続編が楽しみですね。

あらすじ

バツイチ、無職、前科持ちで、離れて暮らす愛娘だけが生きがいのスコット。脅威の”スーツ“を手に入れたことで、身長1.5cmの最強ヒーロー<アントマン>になったものの、ある大事件をきっかけにFBIの監視下に置かれることに…。

そんな頼りない彼を支えるのが、アントマンの開発者ピム博士の娘、ホープ。彼女もまた父の開発した”スーツ”と脅威の身体能力で、完璧ヒロイン<ワスプ>に!

まったく正反対のふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる――。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!?

ありとあらゆるものをすり抜けられる能力を持つ強敵から、アントマンたちは世界のサイズを操る”秘密“を守りきれるのか? いま、人もモノもすべてが大小変幻自在の「アリ」えないバトルが勃発する!

公式ページより

このあらすじだけで・・・見たい~~と思っちゃいますよね。早速見に行っちゃいました。予告見たら行きたくなっちゃいますよね。

これ欲しかった~~。

キャスト

スコット・ラング / アントマン – ポール・ラッド
ホープ・ヴァン・ダイン / ワスプ – エヴァンジェリン・リリー
ルイス – マイケル・ペーニャ
ソニー・バーチ – ウォルトン・ゴギンズ
パクストン – ボビー・カナヴェイル
マギー・ラング – ジュディ・グリア
デイヴ – ティップ・“T.I.”・ハリス
カート – デヴィッド・ダストマルチャン
エイヴァ / ゴースト – ハナ・ジョン=カーメン
キャシー・ラング – アビー・ライダー・フォートソン
ジミー・ウー – ランドール・パーク
ジャネット・ヴァン・ダイン / ワスプ – ミシェル・ファイファー
ビル・フォスター – ローレンス・フィッシュバーン
ハンク・ピム博士 / アントマン – マイケル・ダグラス

ここからネタバレしますので、映画で楽しみたい方はまずはアントマン第1話からお楽しみください。

ネタばれと感想

アントマン「スコット」の夢では、量子世界で娘とかくれんぼうをして遊んでいる「ジャネット」(ハンク・ピム博士の妻)が出てきます。

量子世界に残った「ジャネット」がまだ生きている?!

もちろん、「スコット」はすぐ「ハンク・ピム博士」に連絡します。

その後の出来事に驚きました

「ハンク・ピム博士」の娘「ホープ」がワスプのスーツを使って「スコット」を気絶さて、ラボへ連れて行きます。

「ハンク・ピム博士」が娘とともに作った量子世界へのゲートを試しています。話してみると「スコット」が見た夢は夢ではなく、ジャネットからのメッセージだとわかります。テンションがあがった「ハンク」「ホープ」はゲートの起動に必要な部品を取りに行きます。しかし、ブラック商売人「ソニー・バーチ」がゲートのこと、テクノロジーのことを知り、すべてを奪おうとします。

取引中の争いの時にもう一人の敵「エイヴァ」(ゴースト)が現れます。実は彼女は実験の被害を受けています。体内に【原子アンバランス】が起こっているため、「エイヴァ」は幽霊のように壁や物をすり抜けます。体を元に戻すため、彼女はゲートを使って、量子世界からの物質を取り除かなければなりません。

「エイヴァ」が最初から「ホープ」と話し合っていれば、協力してもらえたではないかなと思いました。話し合いがなかった理由は後でわかりましたけど・・。

実は「エイヴァ」の父親が「ハンク」の元パートナだったのです

しかし、けんかをして、別々にゲートのプロジェクトを続けていました。実験の失敗で「エイヴァ」の親がいなくなり、彼女の体に【原子アンバランス】が起こりました。すべては「ハンク」のせいだと「エイヴァ」は思っています。

ここからアクションが始まります。

「アントマン」と「ワイプ」は「ソニー」と「ゴースト」からスーツケースのサイズになれる研究所を守って逃げています。小さくなったり、大きくなったり、最高なアクションを見せてくれます。

やっと逃げ切れたと思ったら、「スコット」の友達がやらかしてしまい、「ソニー」や「ゴースト」に居場所を知られてしまいます。「スコット」も、なぜ場所を教えるでしょうね?!

結局、「ハンク」は量子世界へ行きます。「スコット」と「ホープ」はまた研究所を守ります。

「ハンク」がゲートに入ったままで、「スコット」と「ホープ」はラボを小さくして逃げます。しかし、研究所を元のサイズにしないと「ハンク」も量子世界から戻れなくなります。時間がありません・・・命をかけて戦っていた「スコット」と「ホープ」は間に合います!ラボを元のサイズにもどします。

30年ぶりのホープとジャネットの再会。

戻ったときにラボにいた「ゴースト」のことをかわいそうと言った「ジャネット」は、「ゴースト」に協力をすると決めます。そして、「スコット」が量子世界へ物質を集めに行きます。集め終わって、外で待っていた「ハンク」、「ジャネット」と「ホープ」に連絡を取ろうとします。

画面が変わって、3人とも灰になっていました・・・ということは、続きは・・あるよね。きっと。

 

私的には、この前公開された【インフィニティーウォーズ】より【アントマン&ワスプ】のほうが面白かったです。

娘はインフィニティウォーの方がヒーローがたくさん出て面白いと言ってましたけどね。どちらも面白いということですね。

さてハンク゚とジャネットの再開、もう少し感動シーンでもよかったのに、あれ・・時間不足でしたか?という感じでした。まあ、感動はしたけどね。

そして子供も言っていたようにアクションシーンはばっちり大人も楽しめましたよ。大きくなったり小さくなったり。アントマンはいろいろやらかしてますが、それでもバッチリ戦っていますし、ワスプはきっちり安心してみていられる戦いっぷりです。ヒーローもいろいろやね~~。では映画館で楽しんで下さいね。アントマンを見ていない人は絶対先に見ることをお薦めします。でもこちらの方が面白かったですよ~~。

U-NEXTなら31日無料で視聴できます!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here