2018年制作のSFスリラー映画フィッフス・パッセンジャー【5th Passenger】のあらすじ感想です。予算なかったんでしょうかね。

あらすじ ネタバレ

非常用カプセルが大型宇宙船に回収されます 。カプセルの中に一人だけ生き残った女性が発見されます。女性は妊娠中と分かります。

女性は喋れない動けない状態で、医療室に運ばれます。何があったか調べるため、メモリセットと言う機械を女性の頭にかぶせ、記憶を読み取ろうとします。

女性の記憶の中

大型宇宙船がアステロイドとぶつかります。宇宙船に乗っていた全員が、非常用カプセルを使って避難しています。 この女性を入れて残りの5人は最後のカプセルに入り込んで、なんとか無事で避難できます。しかし、シャトルが爆発したため、非常用カプセルのナビやエンジンが動かなくなります。

女性は簡単なナビ機能を作ろうとします。作ったナビを使って、近くにあるもう一つの非常用カプセルを発見します。 そのカプセルに近づくため、酸素を作る機能の電源をエンジンに送り、発見したカプセルに到着します。中に入ると、生きている人はいません。

そのカプセルのアンテナを使って、自分たち乗ってきたカプセルのナビを修理します。 カプセルに戻ると、外から正体不明の生き物が入り込んだと分かります。その生き物に襲われ、女性だけ生き残ります。

女性の記憶があやしいと思った一人の大型宇宙船のメンバーが、記憶の読み取り方を変えてもう1度記憶を覗きます。そこでさっき見た記憶は女性の想像と分かります。

実際は正体不明の生き物なんていませんでした。この女性はカプセルにいた全員を始末したのではないか?

理由は→酸素量、女性の精神病と同じカプセルに乗っていた爆発した宇宙船の船長とのトラブルでした。

事実を知った大型宇宙船のメンバーは、見たことについて黙ることにしました。それで女性は無事で出産しました。

感想

実はこの映画に期待していました。残念ながら、安い映画でした。30年前のエフェクトを使ったって感じでした。全体的に残念なところ多かった。

まずは、ナビゲーション機能を作ろうとしたときに、壊れていた機番をちょっと触っただけで機番がなおる・・・直るわけないでしょう。まじかw

それに船長が持っていた銃が古すぎです。こんなに立派な宇宙船に乗っていたのに、1970年代の銃を使いますか?もっとハイテクな武器はありません?

宇宙用スーツですが、薄すぎないでしょうか?宇宙には空気なんてありませんよ、風船のように膨らむはずです。

次は重力です。大型宇宙船では重力機能はあるかもしれませんが、カプセルにはある分けないでしょう。しかも扉が開いたまんまでカプセルのボードラインを超えるとすぐに無重力になる、逆に戻るとすぐに重力が、、、

正体不明な生き物に関しては、安いです。超安いですよ。Half Lifeというゲームで出てくるような小型モンスターです。1対1で戦っても武器は要らないぐらいなのに、女性以外の人を簡単に倒しちゃいます。

私の評価は2です。はずれ映画でした。残念です~~

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here