こんばんは、フィルマーです。ネットフリックスで今日も夜更かししました。さくっとみれる映画だったので、そうですね、アメリカドラマのフレンズあたりが好きな人ならお勧めですね。ネットフリックス映画ファーザー・オブ・ザ・イヤーのあらすじ、ネタばれです。どうぞ本日もお付き合いください。

映画概要

製作 2018年
製作国 米国
上映時間 94分
配信サイト ネットフリックス(Netflix)
監督 タイラー・スピンデル
脚本 ブランドン・コーノイヤー、タイラー・スピンデル
キャスト デェビット・スペード、ナット・ファクソン、ジョーイ・ブラッグ、マット・シヴリー、ブリジット・メンドラー

あらすじ・ネタばれ

大学卒業して故郷に帰ってきた「ベン」が父親のとこに行きます。「ベン」の両親は別々に暮らしています。トレーラーにすんでいる父親は仕事をせず、お酒ばかり飲んでいます。帰ってきた息子がトレーラーに泊まると思って、トレーラーのしたからダニだらけ汚いマットレスを出している父親。その姿を見た「ベン」は友人の家に泊まることにします。

夜になって、「ベン」は久しぶりに幼いごろの友達と再会してバーへ行きます。バーで初めてキスをした彼女「メレディス」と出会います。美女になった彼女に心を惹かれてしまいます。

お酒が入ると、突然「ラリー」という親友と「俺の親父とお前の親父、ケンカしたらどっちが勝つか」と言う話をしてしまいます。

その話は「ベン」の父親の耳に入ってしまいます。お酒をたくさん飲んだ後、昔のように息子の目に映りたい「ベン」の父親が「ラリー」の父親のところへいきます。「おーいけんかしようぜー」と話かけます。しかし、「ラリー」の父親はもちろん喧嘩をしたくなくて、家の中で逃げ回っています。そこで、「ベン」と「ラリー」が現れます。父親たちを止めようとします。しかし、「ベン」は父親とともに家の屋根からお隣のばあちゃんの温室に落ちてしまいます。温室はつぶれてしまいます。二人とも逮捕されます。

警察署から出た「ベン」。雇ってくれたNYにある会社から電話がかかってきます。犯罪歴がついた「ベン」はくびになります。犯罪歴をなくしたい「ベン」。

お隣のばあちゃんと話し合いします。「プールを作ってくれたら取り下げてあげます」とおばあちゃん。

「ベン」は頑張ってプールを作ろうとしています。プールを作りながら「メレディス」と仲良くなっていきます。プール製作作業はなかなか進みません。

「ベン」の父親が苦労している息子の姿を見て、すべては自分のせい。「ラリー」の父親に協力をしてもらって、NYの会社社長との話し合いができるように頼んでいます。

「ベン」は父とともに会社の社長と話しにいきます。話し合いはリアルではなくVRで話をすることになります。「ベン」の父親はVRが初めてで、びっくりします。

それを見たNY会社の社長にいじめられてしまいます。父のいじめを許せない「ベン」は話を中止して会社から出て行きます。帰ってきた「ベン」は「メレディス」と付き合って、故郷に

残ることを決めます。

感想

映画の内容に関しては、薄いです・・・冒頭にも書きましたが、フレンズ的な感じのコメディですね。笑えるけど・・だから何と言う感じです。でも毎週見てしまっていたあの感じ・・お気楽になんとなくと言う感じです。笑えるし、体を張った笑いはまさにザ・アメリカと言うところですね。でもポジティブたっぷり、映像や音楽のあわせはとってもよいので、評価は低くありませんよ。

コメディとしてみていると面白いので、はじめから見てみようか位で見たら楽しめますよ、きっと。大体話の筋が、どっちの親父が強いか!!

そんな話ありえないでしょー

酔っ払っていても大学卒業した男が・・・どっちの親がっていわないでしょーよw

いまどきは言うのかな?

せめて設定が高校生男子ならそれもあるかもしれないですけど・・・親元はなれた子が言うせりふではないよね。弟か妹がはいた台詞にするとか・・いろいろあるんでしょうかね。

ベンの父親についてはトラックでプールしたり、喧嘩しようとしたりと単細胞男。そして最後も父親を侮辱されたから会社はもういいっていいましたが。。親子は似るのかw

元々もうクビだったんだしねえ。またファザコン・・ここのファザコンはまあ許せますけどね。

お酒に溺れる「ベン」の父と友「ラリー」ばかばかしいなことを繰り返して、最後まであきれるほど笑わせてくれます。

下ネタにあまり頼らない、万人向けの映画といってもいいかもしれません。

もう一人気になるキャラクターは「ベン」の恋人になる「メレディス」です。

「メレディス」が登場した瞬間に「ベンはここに残るだろう」と思いました。単純なストーリーだからやはりそうなりました。

映画の評価は3と高くないですが、笑いたい方にはお勧めできる映画ですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here