残念です~~。アタリ映画かもとおもったけど、はずれ映画でした(´;ω;`)ウゥゥ。SF映画をみたいなと思いまして、オキュペーション【occupation】を観てみたんですよ。こちらはもちろん2018年の作品です。ポスターを見た感じでは面白そうだな映画と思っていたのですが・・・。見始めたからには最後まで…オキュペーション【occupation】のあらすじと感想をご覧ください。

ストーリー

オキュペーション【occupation】2018、「仲が悪い人達はハプニングがおこった時に仲良くなれるか?」という言葉が映画のスラグになっています。

オーストラリアの小さな町に突然宇宙人たちが現れ、民間人を全滅しようとします。生き残った民間人たちは軍隊と協力をして、人類を救おうとする。

・・・・

感想

映画開始10分後、「これはあかんやつやw」・・💦しかし、最後までがんばる。

映画の作者たちの頭の中は一体どうなっているのでしょうか?ストーリーが無茶苦茶ですよ。しかも役者たちも下手すぎです。

もうみるのやめたーーーい。

先ずは宇宙人からですが、最先端な技術を持っているはずの宇宙人たちが、狙った場所にも物にもですね、銃で撃っても撃っても当たらないんですよ。

ずっと真っすぐ走っていた二台の車を50人ぐらいで撃つんだけど、撃っても撃っても当たらない・・💦1回も当たらずってありですか?

宇宙人たちは映画の途中からマントをつける様になります。でも自分でマントをつける理由も分からないんですよ。そんな話あるんかいw

スターウォーズのダースベイダーーのファンのかい?!

わかります?w

主人公もダメです。宇宙人に撃たれて倒れて泣く女性・・・これがまた銃が当たってないんですよ!

そして何で?と思うシーンは

妊娠していた主人公の女性が出産した時の話ですけど、生まれたばかりの赤ちゃんのおへそが母とつながっていない・・・おいおい。

まあ映画だからねえ、と言われればそれまでだけどw

映画の中ではもうへその緒カットしていると言うことですね、きっとそう。

そして、2人の主人公が地図を見ながら、「宇宙人の母船の場所はどこかな」と考えてるところですが・・・外出て、空を見上げたらわかるやろ!

そう、母船はすぐ上にあるんですよね。😣

この映画には怒ることも、笑うこともできませんでした。ただただ【もう見るのやめよかな…】としか思いませんでした。間違いなくc級映画です。

すみません、褒めるところがなかったです。

どれどれ・・みてみよかと思った方はよほどのSF好きですねw

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here